ダイヤモンドの歴史

業績所属・研究者名ReferenceNEW DIAMOND誌掲載号・頁
1955ダイヤモンド高圧合成成功Nature, 176, pp. 51-55(1955)
 GE F. P. BundyNEW DIAMOND 7, 38(1987)
   
1956CCl4, CBr4を原料とする熱 CVD(特許)USSR Inv. Certif., No. 339134(1956)
 物理化学研究所(ソ) B.Spitsyn 
   
1957立方晶窒化ホウ素の高圧合成成功J. Chem. Phys., 26, p. 956(1957)
 GE  R. H. Wentorf, Jr.NEW DIAMOND 7, 38(1987)
   
 高圧合成ダイヤモンド商品化0
 GE NEW DIAMOND 7, 38(1987)
   
1958炭化水素の熱分解によるダイヤモンドの合成(特許)US Patent 3030187 and 3030188
 カーボランダム社(米) Eversole 
   
1959ダイヤモンド内の窒素の分析Phys. Rev., 115, pp. 857-863(1959)
 Bell Tel.  W. Kaiser 
   
 ダイヤモンド内の窒素(ESR)Phys. Rev. 115, pp. 1546-1552(1959)
 IBM(米) W. V. Smith 
   
1960ベルト型高圧発生装置の開発Rev. Sci. Instrum., 31, pp. 125-131(1960)
  H. T. Hall 
   
1961衝撃圧縮によるダイヤモンド合成成功Science, 133, p. 1821(1961)
 Stanford Research Institute  P. S. DeCarliNEW DIAMOND 2, 16(1986)
   
1962ホウ素ドープダイヤモンドの高圧合成成功J. Chem. Phys., 36, pp. 1987-1990(1962)
 GE  R. H. Wentorf, Jr.NEW DIAMOND 7, 38(1987)
   
 半導体 cBNの合成成功J. Chem. Phys., 36, 1950(1962)
 GE R. H. Wentorf, Jr.NEW DIAMOND 10, 21(1988)
   
1963爆発法ナノダイヤモンドの合成成功Nature, 333, pp. 440-442(1988)
  NEW DIAMOND 74, 7(2004)
   
1967炭化水素の熱分解によるダイヤモンド合成と水素による黒鉛成分の除去J. Appl. Phys., 39, p. 2915(1968)
 Case Western Researve Univ.(米) J. AngusNEW DIAMOND 13, 40(1989)
   
1971カラットサイズダイヤモンド単結晶の合成成功J. Phys. Chem., 75, pp. 1833-1837(1971)
 GE  R. H. Wentorf, Jr.NEW DIAMOND 7, 38(1987)
   
 ダイヤモンド内のホウ素の同定J. Phys. C, 4, p. 1789(1971)
 King’s College, London  A. T. Collins 
   
 Diamond-like carbonの発表(イオンビーム法)J. Appl. Phys., 42, p. 2953(1971)
  S. Aisenberg 
   
1972ダイヤモンド焼結体工具の商品化0
 GE NEW DIAMOND 7, 38(1987)
   
 イオンビームによるダイヤモンド加工J. Appl. Phys., 43, p. 2956(1972)
  E. G. SpencerNEW DIAMOND 12, 18(1989)
   
1974焼結ダイヤモンド・cBN工具の開発High Temperature-High Pressures, 6, p. 409(1974)
 GE  L. E. Hibbs Jr. 
   
1976直流グロー放電法によるダイヤモンド状炭素膜の作製Thin Solid Films, 35, p. 255(1976)
 AERE Harwell(英) D.S. Whitmell 
   
 高周波グロー放電法によるダイヤモンド状炭素膜の作製Thin Solid Films, 38, p. L17(1976)
 Univ. Sussex(英) L.. Holland 
   
 ダイヤモンド中の p形ドーパントの同定Diamond Research Suppl.14(1976)
 King’s College, London  E. C. Lightowlers 
   
1977ダイヤモンド内の窒素の凝集の観察Nature, 270, pp. 141-144(1977)
 GE  R.M.Chrenko 
   
1979オーストラリアダイヤモンド鉱山パイプ発見ダイヤモンド展図録(2000)
   
   
 ダイヤモンドの負の電子親和力の発見Phys. Rev. B, 20, p. 624(1979)
 IBM(米) E. J. Himpsel 
   
1980ダイヤモンドの異質基板上での薄膜,単結晶の合成J. Cryst. Growth, 52, p. 219(1981)
 物理化学研究所(ソ) B. SpitsynNEW DIAMOND 14, 44(1989)
   
 ダイヤモンドのバイポーラ動作確認Appl. Phys. Lett., 41, p. 950(1982)
 Univ. Witwatersrand  J. F. Prins 
   
1981熱フィラメント法によるダイヤモンド合成Jpn. J. Appl. Phys., 21, p. L183(1982)
 無機材質研究所 松本精一郎NEW DIAMOND 14, 44(1989)
   
1982マイクロ波プラズマ法によるダイヤモンド合成J. Cryst. Growth, 62, p. 642(1983)
 無機材質研究所 加茂睦和NEW DIAMOND 14, 44(1989)
   
 イオンプレーティング法によるダイヤモンド状炭素膜の作製Thin Solid Films, 96, p. 31(1982)
  C. Weissmantel 
   
 マグネトロンスパッタ法によるダイヤモンド状炭素膜の作製Thin Solid Films, 97, p. 345(1982)
 Univ. Sydney(豪) S. Craig 
   
 焼結ダイヤモンドアンビルを使った高圧発生J. Jpn. Assoc. Mineralogists, Petrologists & Economic Geo.(Special Issue 3), p. 341(1982)
 大阪大学 遠藤将一NEW DIAMOND 6, 16(1987)
   
1983ダイヤモンドの電気化学電極への応用Necl. Instrum. Methods phys. res., 209, p. 1129819839
 理化学研究所 岩木正哉 
   
19843万トンプレスの製作0
 無機材質研究所NEW DIAMOND 1, 8(1985)
   
1985RFプラズマ法によるダイヤモンド合成J. Mater. Sci. Lett., 4, p. 600(1985)
 無機材質研究所 松本精一郎NEW DIAMOND 14, 44(1989)
   
 熱フィラメント CVD法における正バイアス効果Appl. Phys. Lett., 46, p. 146(1985)
 青山学院大学 澤邊厚仁NEW DIAMOND 14, 44(1989)
   
 カラットサイズダイヤモンド単結晶商品化0
 住友電気工業NEW DIAMOND 16, 16(1990)
   
 超高圧単結晶のヒートシンク発売住友電気,129, p. 99(1986)
 住友電気工業 
   
 ダイヤモンドのドライエッチングJ. Vac. Sci. Technol. B, 3, p. 416(1985)
 MIT  N. N. EfremowNEW DIAMOND 62, 15(2001)
   
1986高圧合成ダイヤモンドアンビルを使った高圧発生Science, 232, p. 1419(1986)
 大阪大学 小野寺昭史NEW DIAMOND 9, 10(1988)
   
 ダイヤモンド被覆タングステンチップ工具の開発0
 旭ダイヤモンド 奥住文徳NEW DIAMOND 5, 32(1987)
   
 ダイヤモンド被覆焼結ダイヤモンド工具の開発精密工学会誌, 55, p. 1645(1989)
 東京工業大学 吉川昌範NEW DIAMOND 6, 32(1987)
   
 ダイヤモンド被覆超硬合金工具の商品化Mater. Sci. Eng., A105/106, p. 525(1988)
 三菱金属 菊池則文NEW DIAMOND 7, 26(1987)
   
 ダイヤモンドコーティング超硬合金工具の開発粉体および粉末冶金,34,p. 411(1987)
 住友電気工業 池ヶ谷明彦 
   
1987直流プラズマ法によるダイヤモンド合成Appl. Phys. Lett., 50, p. 728(1987)
 青山学院大学 鈴木一博NEW DIAMOND 14, 44(1989)
   
 ECRマイクロ波プラズマ法によるダイヤモンド合成Jpn. J. Appl. Phys., 26, p. L1032(1987)
 大阪大学 川原田洋NEW DIAMOND 29, 32(1993)
   
 cBNの pn接合作製に成功Science, 238, p. 181(1987)
 無機材質研究所 三島 修NEW DIAMOND 10, 21(1988)
   
 金属添加ダイヤモンド状炭素膜(Me:DLC)の作製Appl. Phys. Lett., 50, p. 1056(1987)
 Philips  H. Dimigen 
   
 ダイヤモンドおよびダイヤモンド状炭素膜コーティング振動板の開発0
 住友電気工業 藤森直治NEW DIAMOND 5, 20(1987)
   
 ダイヤモンド状炭素膜のビデオ用蒸着テープ保護膜への適用IEEE Trans. Magnetics, MAG-23, 5, p. 2410(1987)
 松下電器産業 黒川英雄NEW DIAMOND 11, 14(1988)
   
 ダイヤモンドポイントコンタクトトランジスタの試作IEEE Elect. Dev. Lett., EDL 8-341(1987)
 MIT  M. W. Geis 
   
 ダイヤモンド状炭素膜コーティング振動板の開発0
 住友電気工業 藤森直治NEW DIAMOND 5, 20(1987)
   
 ダイヤモンド状炭素膜のビデオ用蒸着テープ保護膜への適用IEEE Trans. Magnetics, MAG-23, 5, p. 2410(1987)
 松下電器産業 黒川英雄NEW DIAMOND 11, 14(1988)
   
1988燃焼炎法によるダイヤモンド合成Proc. 1st Int.Symp. Diamond and Diamond-like Films, Electrochem. Soc., p. 80(1989)
 日本工業大学 広瀬洋一NEW DIAMOND 10, 34(1988)
   
 CVDダイヤモンド自立膜ろう付け工具の開発Proc. Superabrasive’91, 15, pp. 1-14(1991)
 旭ダイヤモンド工業 奥住文徳NEW DIAMOND 9, 34(1988)
   
 13Cダイヤモンドの欠陥評価J. Phys. C Solid State Phys., 21, p. 1363(1988)
 King’s College, London A. T. Collins 
   
 X線用ダイヤモンド窓の開発Proc. 1st Conference on Science and Technology of New Diamond, p. 29(1988)
 Crystallume  K. V. Ravi 
   
 ダイヤモンドサーミスタの開発1st Int’l Conf.New Diamond and Technol.(1988)
 住友電気工業 中幡英章 
   
1989CVDダイヤモンドで励起子発光の観察J. Phys. Condens. Matter, 1, p. 4029(1989)
 King’s College, London(英) A. CollinsNEW DIAMOND 18, 2(1990)
   
 超硬質 C3N4の予言Science, 245, pp. 84-842
 UC Berkeley A. Y. LiuNEW DIAMOND 47, 4(1997)
   
 Hパッシベーションでダイヤモンドの電気抵抗変化観測Appl. Phys. Lett., 55, p. 1391(1989)
 Crystallume  M. I. Landstrass 
   
 ダイヤモンド FET(電界効果トランジスタ)の研究開発Jpn. J. Appl. Phys., 28, p. L2153(1989)
 住友電気工業 塩見 弘 
   
 ダイヤモンド膜の塑性加工用型への応用Surf. Coat. Technol., 36, p. 303(1988)
 日本工業大学 村川正夫NEW DIAMOND 15, 42(1989)
   
 熱化学反応を利用したダイヤモンド膜の研磨精密工学会誌, 55, p. 77(1989)
 東京工業大学 吉川昌範NEW DIAMOND 11, 18(1988)
   
1990マイクロ波熱プラズマ法によるダイヤモンド合成Proc. 1st Conference on Sci. Tech. of New Diamond, p. 65(1988)
 東京大学 光田好孝 
   
 ベルジャー型マイクロ波プラズマ法によるダイヤモンド合成0
 Pennsilvania State Univ.(米) P. Bachmann